読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

etaurusのブログ

オーストラリア語学留学体験記

やっとのことでホームステイ先へ

ホームステイ先の都合で急遽ホテルに一泊となったため、エージェントの迎えは昨日で終了、今日はホストファザーが迎えに来てくれることに。

「到着日は何かと色々あるし、空港迎えは基本ありでお願いします」と言っいたのに、空港近くのホテルまでで終りとは、随分割高なお迎えオプションになってしまった。

 

エージェントから言われた迎え予定の時間に合わせチェックアウトしロビーで待っているとフロントのお姉さんから電話が来ていると呼び出される。電話に出るとホストファザーからで、友達をタクシーで行かせる事にしたから、その友達がホテル近くに来てもう一度フロントに電話するからそれまで待て、と。

 

が、これが待てど暮らせど連絡が来ない。

30分程経った頃フロントのお姉さんが離席している間に立て続けに電話が鳴る。が、なかなかお姉さんが帰って来ないので少々ハラハラしながら更に待つ事10分程。やっとお姉さんが帰ってきたので電話が来る予定になっており離席中に何度も電話が掛かってきたことを伝えると折り返しで電話してくれて、やはりその「友達」だった。

 

「友達がタクシーで」と言っていたのに連れて行かれたのは彼の車。ホストファザーから掛かってきている電話を渡されて確認したので間違いはなさそう、と車に乗り込み出発。見た目ちょっとコワモテで両腕手首までタトゥーが入っているのに加えて恐ろしく無口。なんとなく落ち着かないまま車で20分くらいで事前にgoogle mapで確認したホームステイ先辺りに到着するがこの「友達」家の場所を知らないらしく、通り過ぎてしまった。どんな「友達」だったんだろうか。。

 

再度その友達が電話を掛けて1ブロック程もどったところで小さな子供を抱いた若者が近づいてきた。ホストファミリーの長男だった。

やっとの事でホームステイ先にたどり着く事が出来た。f:id:etaurus:20170116083917j:image