読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

etaurusのブログ

オーストラリア語学留学体験記

マネパカードの話

今回、1ヶ月のオーストラリア留学をするにあたって結構どうすべきか悩んだのが現地でのお金の管理。

現金はそんなに多く持っていられないのでカードを活用する事になるが、手持ちの現金が無くなったら調達できる手段もいくつか用意しておかねばならない。

 

現金の調達手段としては

1)日本円を更に持っておき現地で両替

2)クレジットカードでキャッシング

3)国際カードで外貨引き出し

4)デビットカードで外貨引き出し

5)海外トラベルプリペイドカードから外貨引き出し

といった手段があるが、比較的安全な現金交換方法だったトラベラーズチェックが入手できなくなってしまった今、これらの手段で現金を調達できるようにしておかねばならない。

 

今回は初めて海外トラベルプリペイドカードと言われるマネパカードをメインの手段として試してみる事にした。

その他、利用停止にしたデビットカードと今回渡豪のために作り残高ゼロのままにしてある新生銀行の国際キャッシュカードをいざという時のためのバックアップとして分散保管。どちらもインターネット経由で有効化や振り込みが出来るので海外で無一文、という状況は避けられるはず。

 

海外トラベルプリペイドカードとしてはマネパカードの他はキャッシュパスパートというものがメジャーなようで最近ずいぶん一般化してきているらしい。

 

キャッシュパスポートは申し込むともれなく予備のカードも発行されるらしく、それもいいかと思ったのだが、結局予備カードの管理をどうするか?という問題は残るので(使わない予備のカードは利用停止状態にして別で保管、といったことはできない模様)、それよりも両替手数料が格段に安いマネパカードを選択した。(他のカードが大体5%くらいのところマネパカードは0.7%。正直この時点で比較にならない感じ。FX口座を使うともっとセーブできるようだが今回は間に合わなかったので見送り。)

 

マネパカードを申し込むと口座開設した書類が一週間後位に送られてきて、さらにそれから一週間くらいでカードが送られてくる。申し込みの説明を見ると一週間で届くように読めるので注意が必要。

 

利用するには事前に日本円を振り込んでおき、自分の好きなタイミングで両替しカードにチャージを行う。この処理は全て専用の会員サイトから実施可能。

 

この会員サイト、初めてログインした時に促される初期パスワード変更画面がバグっていて、パスワード変更しようとして初期パスワードを入れようとしても通らず、新規のパスワードもいれられず、で一度ログアウトしたらサイトに入れなくなってしまった。

翌日サポートに電話して調べてもらったら既にパスワードが変更された状態になっていたらしい。

その時点では入金すらしていなかったのでパスワードをリセットしてもらっただけでどうという事はなかったが、これが既に海外にいる状態で、かつそれなりの金額が入金されていたとしたら、と思うとゾッとした。

 

会員サイトのバグの件があったので一抹の不安があったものの渡豪後は問題なく使えている。マネパカードは外貨引き出し用のキャッシュカードとしてだけでなく、クレジットカードとしても利用できるのだが(ブランドはマスターカード)、噂どおり、スーパーでもどこでもクレジットカードが使えるので、最初に思っていた外貨引き出し用ではなく、そのままショッピング用メインクレジットカードとして使っていても良さそうな感じ。

マネパカードで唯一難点に感じたのがATMで引き出す度に手数料が200円かかる点で、引き出し金額と頻度をどうするか悩みどころだったのだが、ショッピングでそのまま使っている分にはその心配も無しだし、お金の出どころをまとめた方が管理も楽になる。

 

ショッピングをする度に利用があった旨のメールが来るのも安心できてなかなか良い。

ただし利用内容はサイトに入らないと確認できない。早くアプリで両替やチャージ、利用の確認などが出来るようになれば良いのだが。

 

ちなみに紛失時の対応だが、そのサイトから利用停止の設定をする前提になっており、「サイトが使えない時に」サポートにメール、となっている。クレジットカードのように専用のコレクトコールがあるどころか、電話で停止対応も出来ないとしたら海外で利用するためのカードとしてはサポート体制どうなのか?と思わずにはいられない。