読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

etaurusのブログ

オーストラリア語学留学体験記

Opalカード

シドニー滞在には必需品のOpalカード、これ一枚で電車、バス、フェリーに乗れてなおかつ乗る時間帯や曜日により割引があったり、1日の利用金額の上限があったりと何かとお得になっている。

この割引などの適用条件、結構複雑なのでそれらの説明は他のサイトに譲ることにするが、割と大きな変更が昨年2016年9月にあって、週8回以上乗るとそれ以上は無料になる、というのが半額に改定されているのにこの情報が載っていないサイトが多いので注意。(同様によく見る情報のシティ内無料バスもジョージストリートの工事に伴い廃止になっている。)

改定の理由としては、短い最低金額期間を立て続けに乗っては降りを繰り返しその後長い距離を無料で乗る、という裏技を使う人が続出したから、という事だが、そんな裏技とも言えない誰でも思いつきそうな事に何故最初から対応しなかったのか不思議。

 

このOpalカード、カード自体は無料で「○○ドルチャージ」という形でコンビニなどで購入でき(何故か駅では買えないらしい)、専用のアプリで利用状況の管理などが出来るのだが、何故かチャージ有りで購入してもチャージ金額に反映されない。

f:id:etaurus:20170121065555p:image

これは再度チャージした時も同じで、どうも一回利用しないと反映されないノンビリオーストラリア仕様のようだ。

f:id:etaurus:20170121070308p:image

 

Opalカードは写真のアプリ「Opal Travel」かOpalカードのWebサイトにログインする事で管理ができ、再チャージ(Top Upと言う)や利用履歴の確認はカード番号を入れればできるのだが、紛失時の利用停止、残金保証や自動チャージはユーザー登録をしないと利用出来ない。

 

このユーザー登録、最初どこからやれば良いか分からず暫し悩んだ。Opalカードのサイトにスマホでアクセスするとユーザー名パスワードかカード番号を入れるだけのログイン画面に飛ぶのだが、カード番号を入れても出来るのはチャージと利用履歴の確認のみ。

「ユーザー名を忘れた時」というリンクは出てくるが「ユーザー名を作成」というリンクは見当たらない。(ちなみに「ユーザー名を忘れた時」のリンクをクリックすると「登録時に送ったメールに書かれてるからそれを見ろ」とつれないメッセージが表示されるだけ)

 

ユーザーを作るにはフルバージョンのサイトに行かねばならないのだが、これがまた分かりづらい。

"I have an Opal card"と書かれたところに

"Register my Opal card to protect my balance"という項目があるのでここをクリックするとユーザー作成のステップに入れる。

日本のサイトにだと「ユーザー作成」が先ずあって、ユーザーを作成してできる事、として「(紛失時に)チャージ残高を守る」と言った機能が提供される、というのが普通の感覚だと思うので、ここからユーザー作成が出来ると最初気づかなかった。

 

ユーザー作成の途中で自動チャージの機能を有効にするか、という項目(デフォルト)があるのだが、それ程長期間滞在する訳では無く、帰国間際でチャージされてしまうのも嫌なので(自動チャージは最低40ドルで残高が10ドルを切ると自動チャージされる。チャージ済み金額の払い戻しは簡単では無い模様)、自動チャージはオフにして進む。一旦オンにしてオフにする方法がまた分からないと嫌、という事もあり。

自動チャージは最低40ドルなのだが、案の定アプリやログインしたサイトでどこからオン(オフ)に出来るか分からない。

乗り降りの時に変な表示が出たりとか、その際ちゃんと処理されているのかアプリを見ても即時反映されない、とか信頼性に不安があるが今のところ支障なく使えている。(昇降時にタップを忘れるとその区間の最大料金が掛かる、となっているので乗り降り時にエラーが出て、即ステータスが確認できないのはちとハラハラするが)